MENU

不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんがきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくること事体、ありえないことではありません。普通、慰謝料で請求される金額は、先方が離婚するかどうかで当然ながら差があります。その時点で離婚していないのに慰謝料として高額な金銭を要求されたら、冷静になって、弁護士に入ってもらうようにしてください。不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき追加料金が生じることもあります。ただ、契約時に交わした書類には、別途料金を請求することについて記載されています。そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解しておかなければいけません。また、不明なことがあるのなら、依頼前に質問して、解消しておくのも怠らないようにしましょう。興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。ネットを活用すれば、興信所や探偵社の評判を見ることができます。都内在住なら自分の住んでいる区内から評判の良い会社を選び、そこで話を聞いてもらえれば、調査を任せても安心でしょうし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、多少細かいようでも、交遊関係や時間的な行動についてなどを話しておくほうが、調査費用が安くつくだけでなく調査精度も上がります。わかっていることまで探偵に調べさせると、一から浮気の証拠を得るのですからムダな時間を要するのです。側にいるからこそ気付くことは少なくないでしょうし、とりあえず記録や観察に努めると今後の大きな助けになるでしょう。浮気の確固たる証拠を提示できない場合、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは苦しいかもしれません。なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないこともあるからです。「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのを防ぐために、調査で証拠を確保しておいたほうが良いでしょう。配偶者に浮気をされた時、しっかり思い知らせてやるには、信用失墜といった社会的な制裁が効果的だと私は思っています。だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。きちんと裏をとっておけば、あとはもう好きなように相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や義理親や配偶者に知らせて、破壊の限りを尽くす人もいるとか。家族関係の悪化や失職するなど、碌なことにならないですよ。それを分かってて不倫するほうが悪いんです。どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、地域の専門性で選ぶのも手です。相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者の中から探しましょう。ローカルに強い探偵なら、詳細な調査ができますし、報告書の内容がより克明になります。調査してもらう内容次第でも得意なこととそうでないこととがありますし、オフィシャルサイトや電話で問い合わせてみるのをおすすめします。探偵に浮気調査をやらせる場合、個人情報を伝えることなしに依頼することはできないので、なるべく信用のおける業者を選びたいものです。コストダウンを追求して依頼したのは良いけれど、パートやバイトが調査をするような業者だったら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで意図しないトラブルに発展することがあります。困ったことにならないためにも、依頼前に情報収集を行い、評価の良いところから選ぶのがコツです。SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったケースが増えています。もし休日や夜間にもかかわらずSNSをやたらとチェックするそぶりがあれば、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっている可能性が高いです。配偶者の態度とSNSは不倫をしているかどうかの判断材料とも言えます。来週30歳の誕生日を迎える公務員です。妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。つい最近、彼女の不倫がわかりました。こっちは怒り心頭なのに、バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。以降、口をきいてくれません。別居のほうがまだマシです。妻から傷つけられるとは思いませんでした。謝罪も反省もないなら、はっきりと手を打たせてもらいましょう。不倫された事実に気づいたときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。ただ、落ち着いてきてからで構わないので、どのように対応するか具体的に考えましょう。浮気はどう言い訳しようと、やったほうが悪いのです。あなたの胸の内では本当の解消には至らないかもしれませんが、あなたが苦しんだ分の慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。確証が欲しくて、ウェブで探偵業者について調べてみたら、該当サイトがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、応対が優れていて値段も高くないところに依頼しました。調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、あれだけの証拠を目の当たりにすると、がっくりきました。浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることは可能です(民法779条)。戸籍に名前が記載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。浮気だからと認知に消極的なときは、裁判にまで発展するケースもあります。子供なんて出来てしまったら大変ですから、なんとか不倫をやめさせないと、長期的に見てかなりの不利益があると思っていいでしょう。不倫していたことが問題になって当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、とうとう家裁での離婚調停となることは、けして珍しいことではありません。とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて離婚のための意見調整を行うため、当人同士や親戚内で話し合うよりもソフトな雰囲気の中で話が進行する点で体力的にも精神的にも助かります。あまり怖がる必要はないでしょう。普通の仕事への対価と比べると、探偵を使って浮気調査をする際の費用は安いとは言えません。ただ、安さで依頼したところで浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、損失は金銭的なものに留まらないですよね。最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、すごい料金をとっていても相応の調査能力があるかというと、一概に決めかねるところがあります。
探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは同じだと考えていいでしょう。相手方の不倫を理由に離婚するなら、確実に浮気した(している)証明というのがどうしても必要です。もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、その道の専門家に頼んだほうが結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって役立ってくれることでしょう。配偶者の浮気がわかったときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。徐々に落ち着きを取り戻してきたら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。浮気はどう言い訳しようと、やったほうが悪いのです。精神的にはまだまだ慰めにならないかもしれませんが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)は、請求しましょう。当事者としては悪気はなくても、不倫行為の代償というのは高くついて当然でしょう。配偶者の出方次第で大きな差が出てくるとは思いますが、単純に離婚されるだけではなく、慰藉料を請求されることだってあります。本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら高い賠償を払って償っていかなければいけません。探偵御用達のツールとしては、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、旧発信機の時代に比べるとターゲットを見失う危険性が減りました。最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、相手車両の発見は容易になりました。そんなGPSを設置できれば、追尾の成功率はグンと上がるのです。浮気の事実が判明し、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、浮気の証拠が不可欠です。どのようなものでも証拠になるというわけではなく、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みなどが不倫行為の裏付けとして認められるケースが増えました。興信所が作成する調査報告書は、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場で使われるなら、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、要点を踏まえた質の高い報告書でないと困りますよね。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、依頼する業者を選別するのをお勧めします。不倫をやめた原因としてやはり一番多い答えは、配偶者への暴露です。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しいし、却って警戒されるかもしれません。どうしたって探偵事務所や興信所等に不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらうことにすれば、安全かつ堅実でしょう。とはいえ、不倫の気配に気付くまでは一番近いところにいる人でなければできないことです。これから探偵業者を使おうと思ったら、さしあたっては電話をかけてみることからスタートです。電話口での相談で相手の応対を見て、その上で詳細な話をするとなれば、営業所に行きます。話が済んで依頼することを決めたら契約を締結し、そこでようやく、調査が始まります。どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、もっとも気にかかる問題でしょう。無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、見積もりなしに契約することはないので安心です。見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。それなら、先方の営業所は避けて、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで懇談するのも良いと思います。違法な勧誘から身を守るための手段です。パートナーの浮気に気づいたときは、とりあえず対応を考えるために気を鎮めるようにしてください。不倫を許して一緒にやっていくことが無理なら、離婚とか、そうなると慰謝料の請求という問題も考えなければなりません。二人で会う機会を作り、今後のことについて相談することをおすすめします。不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、私たちがドラマなどで見覚えたようなやり方で調査をすることも、ないわけではありません。追尾調査、張り込みは基本ですし、相手の行きつけの場所や時間を割り出し、場合によっては周囲に聞き込みなどもするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。また、社外秘ということで教えてくれない調査方法も存在するらしいです。ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。結局のところ、不倫は何も生み出しません。夫婦関係に嫌気がさしたからといって、新しい人と再スタートなんていうのは、いくらなんでも都合がよすぎると世間一般では思うでしょう。夫婦間の問題は浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。ましてや責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。ホームズやポアロは別として、探偵といえば、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。相手にわからないよう行動を見守り、依頼人の求める証拠を見つける調査です。調査していることがバレることはほとんどありませんが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを予測しておかなければなりません。予想しえないことに備えて動くのが、「ごく普通の探偵」の業務です。探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、地域の専門性で選ぶのも手です。相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に限って探してみると良いでしょう。土地勘がある調査員がいるほうが詳細な調査ができますし、報告の精度が増します。調査内容いかんでは得意なこととそうでないこととがありますし、公式サイトやそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いでしょう。探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。それは不倫の証拠集めで追尾対象の行動的にシロだったという事例です。とはいえ、単純に探偵の調査が至らず証拠をあげられないというケースもないわけではなく、仕事を発注する探偵社のクチコミ等をあらかじめ確かめてから契約することはとても大事なことです。それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うのも結果に大きく影響してくると思います。

オススメサイト

これらのサイトは非常に借金問題に悩んでいる人には参考になるサイトです。

 

債務整理相談弁護士.com
債務整理相談
闇金相談弁護士なら.com
闇金相談

 

借金問題でお困りならぜひ一度、みておいてほしいと思います。